探偵ナイトスクープはいつの時代も、どの局長も面白さは不変だ

探偵ナイトスクープは、とうに物心ついていた中学くらいの年月から見始めました。あの局の良さは「なぜそんなことに生命を懸けるんだろう?」といった腹立たしい期待も、期待人間の理想とか想いを叶える結果なら強要あきらめないぞという凄いバイタリティが映るところです。こういう局は宿命に対して頑張ることの大切さや尊さを教えてくれるエラい局であると思います。局長様は上岡局長時世は断じて覚えていません。依然幼かったので寝ていて見ていなかったのもあったでしょうし、物心ついてなくて覚えてないというのもあるでしょう。それでも上岡局長も西田局長も面白さは貫くと思います。上岡局長はどちらかと言えば辛辣な感覚が受けていて、西田局長は温かみのある良さがあると思います。こちらは一際西田局長時世を見てある歴が長いので、探偵ナイトスクープ=西田局長というのがきつくあります。期待人間の人となりにも惹かれますね。ちょい元来バカで探偵様を困らせたり、変わった道楽を持っていてそれを期待にしたりと、むしろあの局は藤四郎は余りに出られないのかなと思います。探偵様もロマンスがある。石田様とか真栄田様エリアのモデルが好きです。単に石田様は「いざ元凶新喜劇」でもっと見ていたというのもありますし、ひときわ一所懸命さがあるのがこちらは好きです。モデル様は基本的に好きなので、降板せずにこれからも探偵様として頑張ってほしいと思います。 目の下のクマを効果的に治すならこれが一番